管理の負担を軽減する|マンションを貸したい方は手続方法について学んでおきましょう
ウーマン

マンションを貸したい方は手続方法について学んでおきましょう

管理の負担を軽減する

マンション

管理会社を利用する

マンション経営は、入居者を募集し、家賃で収入を得ていきます。安定的に収入を得ていくためには、空室をなくし、入居者に長く住み続けてもらう必要があります。物件を多くもっているオーナーや他に仕事をしている兼業の方は、このようなマンション経営に必要な管理業務を自分で行っていくことは、時間的な制約もあり、負担も大きいです。このようなことから、マンション管理会社を利用する方が多いです。マンション管理会社では、管理業務を引き受けて代わりに行ってくれます。入居者募集、家賃滞納者への督促、清掃管理、原状回復などの業務を代行してくれるマンション管理会社は、マンション経営の成功させるためには欠かせない大切な存在です。

管理の種類

マンション経営は、入居者の募集、家賃の集金、家賃の滞納への督促、空室対策などの入居者の管理が重要なポイントです。この入居者の管理は、大きく分けると集金管理、滞納保証、家賃保証三種類に分類できます。集金管理は、家賃の集金や滞納者への督促をしてくれる業務です。滞納保証とは、滞納のある家賃っを管理会社が代わりに支払ってくれます。最後の家賃保証とは空室・家賃の滞納などに関係なく家賃を会社側が支払ってくれるというものです。マンション管理会社には、このように入居者管理について区分がわけられていて、それぞれ自分にあった管理契約を結ぶことができます。マンション管理会社と契約するときは、どこまで管理してもらうかを事前に考えておくことが重要です。