男性

マンションを貸したい方は手続方法について学んでおきましょう

管理の負担を軽減する

マンション

家賃収入を得ることができるマンション経営では、安定した収入を得るためにできるだけ空室をなくすことが重要となるのです。しかし、マンション経営を行なう上では、管理業務を行なわなくてはならないため、オーナーにとっては負担になってしまうこともあります。そのような時に役立つのがマンション管理会社なのです。

詳細

自宅を貸し出す際の契約法

集合住宅

いずれ利用する際の備えに

いろいろな事情から、自宅だったマンションから出なければいけない理由ができたとしましょう。それを売りに出してしまうのは簡単ですが、もし立地が魅力的な物件ならキープしておくのもいい方法です。たとえば賃貸として貸せば定期的に収入も入ってきますし、将来引っ越しが必要になった時でもそこに入ればいいので安心です。ただしマンションを貸したいといっても、簡単にできることではありません。設備の管理や借主の不在期間など、考えておかなくてはいけないことはたくさんあります。さらにいずれ物件に再び住む予定がある方では、きたるべき時にスムーズに明け渡しがなされるかも気になる点です。もし普通の賃貸契約で手続きした場合、マンションを貸したい側と借りたい側の意見が一致しなくては希望通りその物件に住めなくなる可能性が出てくるので厄介です。それがあって賃貸に出しにくい方もなかにはいるはずです。

定期借家契約を利用

期間限定でマンションを貸したい希望があるオーナーに便利な制度に、定期借家契約があります。これは普通の借家の契約と違い、契約期間を貸したい側が自由に決められる制度です。それがあるので、契約期間が終了した際にスムーズに明け渡しの手続きをすませることが可能です。また貸したい側と借りたい側の合意がない限り、マンションの賃貸契約を更新することができません。さらに入居者側の都合によって、契約途中でも解約ができます。ただしこれは入居時に契約内容に盛り込めるため、中途解約に特約を含めることも難しくありません。基本的に普通の借家契約では借り手の意思が尊重されるので、もし貸したい側が明け渡しを迫っても実現するのは難しいのが実情です。でもこの定期借家契約では、契約が切れれば更新する権利はオーナー側に移るため、契約の話し合いもスムーズにすむはずです。期間限定でマンションを貸し出すなら、この方法を選択すると賃貸の際の安全性が増します。普通の賃貸契約をする前に、まずこちらの定期借家契約で貸し出すことを検討してみましょう。

区分マンションと対応力

紳士

不動産投資の中でも区分マンション投資が非常に高い人気があります。これは少額から投資ができるからです。安定的に収入を得るには賃貸管理会社が決め手になります。いかに空室ができたときに早く入居者を入れることができる会社を選ぶかが重要になります。平均的な空室期間と入居率を事前に確認しましょう。

詳細

不透明な時代の投資に

つみき

金利の低い時代に高金利の配当金で人気なのが、みんなで大家さんです。小口の投資額で誰でも参加でき、特別な知識も必要ありません。それでもリスク等が不安になるのが不動産投資ですが、みんなで大家さんでしたら1口100万から始められます。状況を見て投資額を増やしていけるので、自分に合った不動産投資が可能です。

詳細